EDOF(Extended Depth of Field)眼内レンズ

今までの多焦点眼内レンズ(2焦点と3焦点)ではレンズに溝があるために、夜間光が滲んだり、光が散乱したりします。これをハロー・グレアと呼びます。新しい多焦点眼内レンズのEDOFレンズは焦点深度(ピントがある距離)を広げることによって、ハロー・グレアを軽減しよりクリアな視力を提供します。やや近くが見にくくなる場合がありますので、本を読むときには眼鏡が必要になる場合があります。EDOF眼内レンズには現在2つあります。

TECNIS Symfony

レンズ前面が非球面 後面が回折構造になります。0次収差をなくすことによって、焦点深度を広げています。ただし回折構造があるため夜間のハロー・グレア残ります。

MINI WELL

MINI WELLレンズでは溝がありません。レンズ前面に負の収差、後面に正の収差のレンズからできています。溝がないためよりクリアな夜間視力を提供します。

 

手術予約はこちらまで