フェーキックIOL(phakicIOL)

フェイキックIOLは「近視・乱視が強い」「角膜が薄い」などの理由で、レーシック手術に適応しない方でも視力を回させることができる、屈折矯正手術です。眼内に特殊なレンズを挿入することで、裸眼視力を改善します。
フェイキックIOLによる治療は、2004年9月に米国FDAの許可を得ており、その有効性は高く評価されています。フェイキックIOLレンズは生体との親和性が高いので、特別なメンテナンスがなくても眼の中で半永久的に機能します。当院ではフェイキックIOLレンズに折りたたみ式レンズを使用。切開創を小さくすることで、手術による眼への負担を軽減させています。
近視の度数が強い方、円錐角膜などでLASIKができない方が適応になります。
今までのフェーキックIOLは術後の瞳孔ブロック予防の為に、虹彩の切除が必要でした。新しく当院で導入したフェーキックIOLは、レンズ自体に視覚に影響しない小さな穴が開いています。そのため虹彩の切除が不要になりました。フェーキックIOLは将来何かあったときに、取り出す事が可能です。

フェーキックIOLの種類

Altiflex Artizan

前房型のARTISAN,ARTIFLEXはオランダのOPHTEC社の開発したもので、すでに20年以上の歴史があります。虹彩と角膜の間(前房)にレンズを固定するタイプで、手術後に眼をよく見るとレンズを確認することができます。
殆どの方に適応がありますが、稀に虹彩が非常に薄かったり、前房の深さが不足してできない方がいらっしゃいます。将来白内障手術の適応になった場合には、取り出し、元に戻ります。また、ARTIFLEXは柔らかく折りたたんで挿入するため、切開創が小さくて済みます。

ICL holeICL

ICLはアメリカのSTAAR surgical社が販売しているレンズです。日本ではスタージャパン社が取り扱っています。レンズを黒目(虹彩)の裏側の後房と呼ぶ位置に固定するため、「有水晶体後房レンズ」などともいいます。
レンズ素材のコラマーは、生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくいことが最大の特徴です。異物として認識されにくいので、目の中で劣化・変性せずに長期間にわたって透明性を維持し、レンズとしての機能を果たします。今までのICLは、術後瞳孔ブロックによる急性緑内障を予防するために、虹彩に小さな孔をあける必要がありました。新しく認可されたholeICLはレンズの中央に視力に影響しない程度の小さな孔が開いています。このため虹彩に孔をあける必要がなくなりました。より自然に近い状態で視力矯正ができます。詳しくはこちらをご覧ください。
ƒvƒŠƒ“ƒg cg_hole_icl capture

眼内コンタクトレンズ治療プロモーション映像(日本語音声字幕付) from Visian ICL on Vimeo.

治療費用

フェーキックIOLは自由診療になります。
Altiflex Artizan(片眼)
¥250,000円(税別)〜
ICL ICLhole(片眼)
¥300,000円(税別)〜