FS200 and EyeQ Combo2メガネ、コンタクトレンズで不自由な生活をしていませんか?
当院では様々な屈折矯正を行っています。


オルソケラトロジー


夜間のみハードコンタクトレンズを装用することで近視を矯正します。-4.0Dくらいまでの軽度近視が適応になります。乱視が強いと矯正できません。

LASIK

中等度近視、乱視、遠視の方が適応になります。角膜に100μのフラップを作成し、角膜実質をエキシマレーザーで切除します。角膜に切開を加えるため、ドライアイの方はお勧めできません。

LASIK難民

LASIK後に不調を訴える方が少なからずおります。概ね過矯正、ドライアイなどが原因である事がわかってきています。一人で悩まずにご相談ください。

フェーキックIOL

高度近視、円錐角膜、また角膜が薄くてLASIKができない方が適応になります。眼内にレンズを挿入します。このレンズは取り出しが可能なため元に戻す事ができます。

タッチアップ(touch up)

多焦点眼内レンズを挿入後、近視が残ったり乱視が残ったりすることがあります。これをLASIKを行うことによって矯正する手術です。眼内レンズの入れ替えでも解決しない場合に適応になります。

クロスリンキング

円錐角膜の進行予防のために行う手術です。角膜が薄くてLASIKが心配な方にも追加手術として行うことができます。